ブログ|未来開発有限会社

オフィシャルブログ

下庄206号水路外1線改修工事 着工しました

10月も終わりに近づき朝晩はとても冷えるようになりました。

でも晴れて太陽が出ていると日中は温かく、一日の気温差が大きい日が続いています。

 

弊社事務所の周りの稲刈りの様子については以前ブログに書かせて頂きましたが、地元の下庄地区も稲が刈り終わり、まさに収穫の秋を迎えています。

 

そんな地元の倉敷市下庄地区になりますが、この度水路の改修工事が着工致しました。

 

RIMG7177

RIMG7178

RIMG7162

 

 

安全第一で工事を進めてまいりたいと思います。

近隣の皆様にはご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

修学旅行

秋たけなわですね!!

秋と言えば、芸術の秋、スポーツの秋、行楽の秋・・・・等々、何をするにもいい季節ですね。

私は・・食欲の秋!でしょうか(*^^*)

個人的に栗が好きなので、秋はマロン系のお菓子がたくさん発売されて嬉しくなります。もちろん栗を頂いた時には、大好きな栗ご飯にして美味しく頂いたりもしますよ。

そんな秋、行楽の秋でもありますが、実は一学期中に予定されていた修学旅行がコロナの影響で中止となり、その代替行事として、日帰りで中学生は県内へ、高校生では近隣の県へと行く予定がこの時期に組まれています。

それぞれ中学生は九州方面に2泊、高校生は東京方面に3泊のはずだった楽しみにしていた修学旅行に比べると、とてもコンパクトかとは思いますが、友達や先生方と一つ思い出が増えたという点では、良かったのかなと思います。

 

そんな話をしていますと、社長が自身の小学校の時の修学旅行の思い出を語ってくれました。

 

社長は、瀬戸内海の真鍋島出身なのですが、瀬戸大橋もまだなかった当時、真鍋島の小学校の修学旅行は船で香川県の多度津に渡り、高知県で一泊する旅で、同級生総勢14名での旅だったそうです。

その帰路、ちょうど台風の影響でなんと多度津から真鍋島への直行船が欠航してしまったそうです!!

携帯電話もない頃で、先生方が公衆電話に走り、しきりに連絡をとっていたのを覚えているそうです。

直行船ではない大きな船は動いている、とのことで船で岡山に渡り、そしてそこからは陸路、笠岡港から真鍋島への最終便に間に合うように、と笠岡を目指し移動したそうです。

その時のタクシーの運転手さんが無線で「修学旅行生だから、間に合うよう急いであげないと・・」みたいな会話をしていたのを鮮明に覚えているそうです。

いよいよ笠岡港についたものの、真鍋島への最終便は出発してしまった後・・・だったそうです。

灯りが消えてしまった港の暗さと自分達の気持ちも重なり落ち込んでしまっていた時、一隻の船が灯りをつけてやってきたそうで・・・なんと特別に修学旅行生のために臨時便を出してくれた、とのことでした。

おかげで、皆無事に家に帰ることが出来て、家族も大変喜んで迎えてくれたそうです。

大人達の子ども達を思う優しさ、最善を尽くそうと奮闘する姿に心が温まりますよね。

ship_a10

 

 

社長曰く、観光云々よりこの帰路のエピソードが強く記憶に残っているとのこと。

 

この話を聞いて、何事もなく修学旅行に行っていたよりも、後々にこの代替行事が、逆にインパクトのある出来事として思い出される日がくるのかもしれない、と思ったエピソードでした。

excursion_a12

 

 

 

10月になりました!

10月に入り、さわやかな秋晴れが続いています。そのぶん朝晩は冷えて、上に一枚羽織らないと寒いくらいになりました。

10月8日は、二十四節季の一つ『寒露』(かんろ)です。

❝野草に冷たい露がつく頃❞とされています。

 

果たして本当に涼しくなるのだろうか・・・・と思っていた今年の夏でしたが、季節は確実に過ぎてゆき、本当に過ごしやすい気持ちの良い季節になりました。

 

弊社事務所の周りの田んぼも、稲が刈られ、事務所から見える風景にも秋の深まりを感じています。

RIMG7126

RIMG7127

 

 

先日は、事務所の窓を開けていると、一匹の細いトンボが事務所の中にふらりと遊びにきていましたよ(*^_^*)(写真を撮り忘れたのですが!!)

 

 

 

 

お彼岸

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、彼岸の入りの頃から吹く風が涼しく感じられるようになった先日、真鍋島へ墓参りに帰ってきました。

コロナの影響で、ゴールデンウイークもお盆も帰ることが出来ず、じつに半年ぶりの帰省でした。

 

今はもう誰も住んでいない実家の玄関先には、今年の夏に出来たであろう大きなスズメバチの巣があり、恐る恐る玄関から家の中に入り、仏壇に手を合わせ、線香と手桶を手に山の中腹にある墓地へと向かいました。

1600917382229

 

墓に着いて、ご先祖様に手を合わせ、振り返ると見慣れた筈の田舎の風景、秋空と海の碧がとても美しく、しばらくその景色に見惚れてしまいました。

DSC_0027

普段は仕事に追われ忘れていた祖父母や両親、そして友と過ごした日々を懐かしく感じることのできた一日でした。

                      高 見

 

体育祭に行ってきました

9月も中旬が近付き、やっと朝晩は過ごしやすくなりましたね。

朝晩の気持ちのよい涼しさに、あの酷暑を乗り越えた身体がほっとするようです。

 

そのような中、中学校や高校では体育祭や文化祭が予定されているところも多いのではないでしょうか。

 

私事ですが・・・先日、中学校の体育祭に行ってまいりました。

 

コロナ禍での開催ということで、例年通りとはいかず、時間割で区切った学年ごとでの体育祭となりました。

保護者の出席も、学校生活最後となる3年生の保護者のみ可能、ということでした。

例年と違い、広い運動場に他学年の応援の姿もなく、少し寂しいようにも感じましたが、生徒も保護者もゆったりとテントに入って、観覧することはできました。

 

代表で挨拶する生徒は、このような中、体育祭が出来ること自体に感謝している、という気持ちを口々に表していて、少ない練習時間の中、懸命に準備や競技に取り組む姿に子ども達の成長を感じて感慨深いものがありました。

image3 image4

 

 

しかしながら、朝の曇り空から一転、思いのほか天気も良くなり気温も上がり、暑さに少々くたびれてしまいましたが、心地の良い疲れとなる1日でした。

 

 

上東地内下水道管埋設工事 竣工しました

9月が近づき、短い夏休みが終わってしまった、という学校も多いのではないでしょうか。

朝晩は気持ちだけ涼しくなってきたかな?!という気もしますが、まだまだ日中は体温近い温度となり、残暑の厳しい日が続いています。

 

そんな中、先日8月26日に地元、倉敷市上東地区の下水道管埋設工事が完成しました。

 

この工事は、景山倉敷建設さんが元請けの工事で、開削工法と推進工法での工事でした。

 

それではビフォアー、アフターの写真を!!とお見せしたいところですが・・・・この度は下水道の工事、ということで完成は地中になり、地上で確認できるのは、マンホールの蓋のみ!ということになります^_^;

ですので、竣工検査の際の写真を・・・・

IMG_20200826_095315

IMG_20200826_095545

 

暑さが厳しい中、大変お世話になりました。

 

地域の皆様には、長い間ご不便をおかけしましたが、ご協力をいただきまして、ありがとうございました。

 

暑い・・・

今年はお盆が過ぎても、ことのほか厳しい暑さが続きますね・・

連日体温を超えるような温度が続き、体力が消耗されてしまいます。

 

先日、課内検査を受けた際に弊社社長もあまりの暑さに、危うく熱中症になりかけた、と申しておりました。

社長曰く、座って立ち上がろうしたら、めまいと立ちくらみがひどく、また尋常じゃなく汗をかいたそうです。

熱中症の症状として、

❝・めまいや立ちくらみ、顔のほてり

・筋肉痛や筋肉のけいれん、足がつる

・倦怠感や吐き気、頭が重い、頭痛(体がぐったりし、力が入りにくい状態)

・汗のかき方がおかしい(何度拭いても汗が出る、もしくはまったく汗が出ない状態)

・体温が高く皮膚が赤く乾いている

・呼びかけに反応しない、おかしな返答をする

・まっすぐ歩けない

・自分で動けない、水分補給できない

(出典元:「熱中症について メディカルノート」)❞

などがあるそうです。

幸い、社長は事務所に戻ってクールダウンしたら回復しましたが、皆さんもどうか少しでも異変を感じたら、早めに涼しいところに避難されるなどして、重症にならないよう十分にお気を付けください。

 

8月23日は、二十四節気の一つ『処暑』です。

まもなく暦の上では、“暑さが落ちつきはじめるころ”だそうなので、そろそろ落ちついてくれるもの・・と期待をしつつ、熱中症対策を万全にして、この酷暑を乗り越えたいですね。

K-20熱中症イラスト

 

 

 

 

鉄塔のお話

未来開発は、主に公共工事の土木工事、民間の宅地造成や解体工事に至るまで多岐に渡る工事を行っております。

 

さて、そんな当社事務所に、ある日一人の男性が訪ねて来られました。

 

この方は、アマチュア無線が趣味でいらっしゃるそうで、その鉄塔をご自宅の敷地内に立てたいのだが、とのご相談でした。

 

社長がお話を伺うと、なるべく価格を抑えて作りたい、とのご要望で、そこでご自分で出来ないものかと意気込んでいらっしゃいましたが、材料の生コンをどこで購入したらよいものか…等々が分からず、当社を訪ねて来られたようです。

話し合いを重ねる中で、それなら当社の名前で材料を購入して頂き、そしてご自分でコンクリートを打たれる等の作業をされるのが一番お安く出来るのでは、という話でその日は帰られました。

 

その後どうされてるのかな、と思いながらもお互いに連絡をとることなく過ごしておりましたところ、約一か月程がたち、お電話がかかってきて

「穴を掘って、だいたい出来たから、見に来てください」

との連絡で、現場に社長が伺いますと、約1メートル20センチくらいの深さの立派な穴が掘られていたそうです!!

伺うと、毎日10センチずつくらい、こつこつと堀りすすめられたそうで、それを目にした社長は、男性の本気度を目の当たりにして心を動かされたそうです。

そして社長直々に、ショベルカーで残り30センチ程の深さの穴を掘り、生コンを打ち完成に至りました。(鉄塔の設置は社長の友達の会社に、お安く設置してもらったそうです。ありがとうございました<(_ _)>)

 

これが、その鉄塔です。

IMG_20200701_080807

すごく立派な鉄塔ですよね。

 

地域に根差した未来開発を自負しておりますが、地元の方に喜んでいただき大変嬉しく思っております。

 

Iさん、その後新しい無線塔で地球の裏側のお仲間との交信を楽しんでいらっしゃいますか?

また事務所に遊びにいらして下さいね!

 

 

 

ダンプ納車

梅雨とはいえ、今年は雨が降る日が、長く続くことが多いです。豪雨の被害が出ているところもあり、2年前に西日本豪雨を経験した岡山県ですが、災害の怖さを改めて思い出します。

 

さて、そんな梅雨の合間の今月3日、未来開発に三転ダンプが納車されました!

去年の11月の注文から、待ちに待った納車となりました。

 

RIMG5309

RIMG5310

 

 

新車のダンプをフル活用し、今まで以上に仕事へ取り組むゾ!と意気込みが伝わってきます。

 

私も運転出来たらカッコいいなぁと思ったのですが・・・免許がありませんでした!!(AT限定です^_^;)

7月になりました

2020年も半分が過ぎました。最近はとにかくこの早さに驚かされます。

皆さん2020年前半はどんな年だったでしょうか?

外出自粛や学校の休校など、未知の経験が続きました。今は少し平穏になりつつありますが、まだまだ油断はできませんね。

後半は、明るいニュースがたくさん届くことを心から願っています☆

ちょうど、七夕の季節でもあるので織姫と彦星に弊社としても願い事を一つ・・・

 

社員はもちろんのこと、工事に携わる全ての人が、安全で健康に過ごせますように 

 

梅雨時期で、雨が降る日が続いてますが、当日は天の川が見られるといいですね☆

 

7990